[装置概要]  熱分析装置
  機 種   島津製作所 DSC-60A, DTG-60AH, TMA-60HS


[DSC,TG-DTA,TMAの特徴]
 
DSC(示差走査熱量測定):測定温度範囲 -50~500℃(必ずN2ガス雰囲気下で行う事)
転移温度、転移熱量、熱容量、反応温度、反応熱量、比熱
TG-DTA(示差熱/熱重量測定):測定温度範囲 室温~1500℃(N2ガス雰囲気または大気圧下)
TG(熱重量測定)試料の質量変化
DTA(示差熱測定)基準物質との温度差、転移温度
TMA(熱機械測定):測定温度範囲 室温~1000℃(大気圧下)
荷重 0~±5N(±500gf)
試料の膨張、軟化、収縮、伸び
[測定法概略]
 
DSC  測定対象:熱流  測定単位:W(=J/sec)
TG   測定対象:質量  測定単位:g
DTA 測定対象:温度差  測定単位:℃
TMA 測定対象:長さ   測定単位:m
[注意事項]
 
  1. DSC測定では測定温度に関わらずイントラクーラー及びN2ガスを使用して下さい
  2. DSC測定終了後は装置のウォームアップのためN2ガスを2時間程度流して下さい
  3. TG-DTA測定で500℃以上の測定をご希望の方はアルミナセル(又は白金セル)を各自準備して下さい
  4. 腐食性・有毒揮発性・分解物発生の可能性のある試料の分析は予めご相談下さい
  5. 使用後は装置の原状復帰をお願いします
  6. 装置のトラブルがありましたら速やかに管理担当者に連絡して下さい
  7. 故障の場合、状況と程度に応じて利用依頼研究室に修理負担を求めることがあります



管理責任者:応用物質化学専攻  教  授  大槻 主税  内線 3343
管理担当者:技術センター  技術職員  永田 陽子  内線 4555
技術センター  技術職員  鳥居 実恵  内線 4555
技術センター  技術職員  西村 真弓  内線 4555
技術センター  技術職員  林 育生  内線 4555



利用手続

機器分析室のTOPへ戻る