[装置概要] 大型プリンター
 
機種名:EPSON MAXART PX-H10000
B0モデル(最大1118mm幅)


EPSON PX-H10000
[特 徴]
  360dpiという高密度化ノズルを採用したMicroPiezoTFヘッドは、1秒間にノズルあたり4万というインクの吐出を可能にし、撥水ヘッドテクノロジーの採用で、高生産性に貢献します。MicroPiezoTFヘッドは、真円に近いインクドット着弾、着弾位置の精度と吐出速度を高め、高画質化を実現しています。
自動ノズルチェック機能などが高い生産性をバックアップし、出力そのものの品質が問われるプロ仕様である。
[利用料金(予定)]
 
インクジェット普通紙 (36インチ幅914 mm x 1292 mm)2,000円(A0 相当)
インクジェット普通紙 (44インチ幅1118 mm x 1580 mm)3,000円(B0 相当)
光沢フォト用紙 (36インチ幅914 mm x 1292 mm)4,000円(A0 相当)
光沢フォト用紙 (44インチ幅1118 mm x 1580 mm)5,000円(B0 相当)
クロスロール(布)(44インチ幅1118 mm x 1580 mm)6,000円(B0 相当)
クロスロール(布)(39インチ幅914 mm x 1292 mm)5,000円(A0 相当)

A0布(36インチサイズ)が増えました!
機器分析室でポスター発表用大版印刷ができます。
詳しくはまでお問い合わせ下さい。



管理責任者:応用物質化学専攻  教  授  薩摩 篤  内線 4608
管理担当者:技術センター  技術職員  永田陽子  内線 4555
担 当 者:技術センター  技術職員  永田陽子  内線 4555
技術センター  技術補佐員  近藤一元  内線 4555
技術センター  技術職員  鳥居実恵  内線 4555
技術センター  技術職員  西村真弓  内線 4555
技術センター  技術職員  林 育生  内線 4555



利用手続

機器分析室のTOPへ戻る